淡路島でのご葬儀は、淡路日の出農協出資の(株)共同物産にご相談ください。宗派問わず、家族葬から社葬まで、真心込めてお手伝いさせていただきます。

淡路日の出農協出資 株式会社共同物産/やすらぎホール淡路日の出農協出資 株式会社共同物産/やすらぎホール

0120-40-1516までお気軽にお問い合わせください。24時間365日受付しております。 0120-40-1516までお気軽にお問い合わせください。24時間365日受付しております。

資料のご請求はこちら メールでのお問い合わせ、資料のご請求はこちら

葬儀の流れ

下記に示すものは、現在一般的に行われる葬法の一例です。
地域・宗派により違いがありますので、その地方の習慣に従ってください。

ご臨終

ご臨終

親しいご近親者に、まず一報を連絡します。
臨終に立ち会った医師から、「死亡診断書」を受取ります。
(病院以外でお亡くなりになった場合は、掛かりつけの医師、あるいは警察に連絡します。)
事故死等の疑いがある場合は、直ちに警察に連絡します。

やすらぎホール(葬儀社)へ連絡

ご連絡ください。24時間いつでも対応させていただきます。
ご遺体を寝台車にてお迎えし、ご自宅等の指定の場所までお送りいたします。

ご遺体の安置

ご自宅では、故人をお迎えするご準備を致します。
ご遺体の安置や枕飾り等は、やすらぎホールにお任せください。
神棚封じは、やすらぎホールにお任せください。

寺院へご連絡

故人の宗教・宗派に従い、菩提寺に連絡します。
ご寺院には「まくら経」をあげて頂きます。(通夜併用の場合もございます。)

死亡届の提出

死亡届(死亡診断書の半片)を市役所に提出し、仮想許可証を受取ります。

葬儀日時のご連絡

ご寺院やご親族と相談して通夜・葬儀の日程と会場を決め、関係者に連絡します。

通夜

納棺の儀

故人の最期のお仕度として、ご遺体を拭き清め、装束を行い、納棺を行います。
故人の遺品・愛用品などをお納めください。

供花・供物の手配

生花・盛籠等は注文後手配を致しますので、出来るだけ早めにお願い致します。
ご注文の際は、注文書にご記入下さい。(名札作成に使用します。)

受付

ご会葬者を失礼なくお迎えするよう、必要な準備を行い、丁重にお迎えします。
受付役員を予め、手配下さい。

通夜式

仏式の通夜式の一般的な流れは、以下の通りです。

  1. ご寺院をお迎えし、読経をあげて頂きます。
  2. 喪主、ご遺族、ご親族、一般会葬者の順に焼香を行います。
  3. ご寺院の法話を拝聴、親族代表挨拶をし、閉式となります。

通夜振る舞い

ご会葬の皆様に飲食のおもてなしを行い、故人を偲んでご歓談いただきます。
地域によっては、通夜振る舞いの替わりに「通夜供養品」をお渡しします。

告別式の準備

会席・膳先等の数量確認をお願いします。
焼香順位・弔電の代読順位を決めて下さい。

葬儀・告別式

受付

ご会葬者を失礼なくお迎えするよう、必要な準備を行い、丁重にお迎えします。
受付役員を予め、手配下さい。

葬儀・告別式

仏式のご葬儀の一般的な流れは、以下の通りです

  1. 一同着席
  2. 開式の辞
  3. 読経
  4. 喪主焼香
  5. 弔辞
  6. 代表焼香
  7. 弔電
  8. 読経
  9. 遺族・親族焼香
  10. 一般会葬者焼香
  11. 親族代表挨拶
  12. 閉会の辞

告別式の準備

会席・膳先等の数量確認をお願いします。
焼香順位・弔電の代読順位を決めて下さい。

出棺・火葬の儀

出棺の儀

柩に、お花や想い出の品を入れて、個人とのお別れをします。

火葬の儀

親族の皆様と、斎場へ向かいます。斎場では「火災許可証」を提出します。
柩を安置し、最後のお別れを行います。
火葬が終るのを待ち、拾骨します。
「埋葬許可証」を受取ります。

精進おとし

精進おとし

ご寺院をはじめ、ご葬儀に会葬いただいた皆様への感謝として、会食の場を設けます。
(地域・宗派により「精進おとし」・「精進あげ」・「お斎」等呼び方は異なります。また、進め方にも違いがあります。)

法要

初七日法要

親戚一同にお集まり頂くのが難しい現在では、葬儀当日に法要を繰り上げ、繰上げ初七日法要として、執り行う事が多くなっています。

ご葬儀後

ご挨拶回り

ご葬儀でお世話になった方には、お礼の挨拶回りを行います。
遠方で、直接伺う事が困難な場合は、お礼状をお送りします。

忌明法要(三十五日・四十九日法要)

忌明法要の準備、また香奠返しやお位牌・お仏壇・お墓等の準備が必要なん場合は、お気軽にご相談下さい。

公的機関等へのお手続き

公的機関等への必要な手続きや申請についても、漏れの無いようご確認下さい。